主題2.11:ファイル共有サービス(7)

2.11.1 Sambaの設定と管理

重要度:☆☆☆☆(4)

概要

  • さまざまなクライアント用にSambaサーバーを設定できる。これには、クライアントがログインするSambaの設定やサーバーが参加するワークグループの設定、共有ディレクトリの定義、インストールにおけるトラブルシューティングも含まれる。

詳細

  • Samba の設定ファイルとログファイル
    • /etc/samba/, /var/log/samba/
  • Samba のユーティリティとデーモン
    • samba, smbd, nmbd, winbindd
    • smbcontrol, smbstatus, testparm, smbpasswd, nmblookup, net, smbclient, samba-tool
  • Windowsのユーザ名をLinuxのユーザ名にマッピングする。
  • ACL および AD のセキュリティ
    • getfacl, setfacl
2.11.1の例題

2.11.2 NFSサーバーの設定と管理

重要度:☆☆☆(3)

概要

  • NFSを使用してファイルシステムをエクスポートできる。これには、アクセス制限、クライアントでのNFSファイルシステムのマウント、NFSの保護も含まれる。

詳細

  • NFS の設定ファイル
    • /etc/exports
  • NFSのユーティリティとデーモン
    • exportfs, showmount, nfsstat, rpcinfo
    • mountd, portmapper
  • 特定のホストやサブネットへのアクセス制限
  • サーバーとクライアントにおけるマウントオプション
    • /etc/fstab, /proc/mounts